アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
感想文(仮)
ブログ紹介
このブログは地方在住のおっさんオタが諸々の感想を書いていこうと思い立って始めたモノです
zoom RSS

KARMA(KOKIA)

2009/05/03 00:28
 先月に引き続きましてKOKIAさんの新譜感想。
贔屓の歌手のCDが連続して発売される、ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。

 アニメ「Phantom」のOPテーマとして発表されたこの歌。
血と硝煙のアニメのOPにしてはスローバラードで、むしろEDの方がしっくりくるような気もしますが、歌自体はアニメの世界観をきっちり表現してます。歌詞の内容が切なさと低く包み込まれるような音場が否応なしに悲劇的展開を予想させます。前回アニメとタイアップした「たった1つの想い」でもそうでしたが、きちんと表現しようと苦心されて作詞していただけるのは、一アニメファンとしても嬉しい限りです。
 KOKIAさんの歌としては、ちょっとボーカル力は抑えめ、かも。
寧ろバックの演奏に積極的にとけ込んで1つの楽曲になっている印象。まあ、これは録音とかミキシングとかの絡みもあるでしょうから、まあ、私の感じ、ということで。

また余談ですが、音質的にも割と優秀。
普段CDを出しているvictorと比較してしまうため、他のレーベルからCDを出したときにがっかりしてしまうことも合ったのですが、このレベルを維持してくれれば満足ですね。

KARMA
SMD jutaku(SME)(M)
2009-04-22
KOKIA

ユーザレビュー:
相変わらず素晴らしい ...
やって欲しいと思って ...
幻想的でエキゾチック ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月感想文(仮)予定

2009/05/01 23:36
4月の感想文(仮)は残念ながらノルマを果たせず。
スタート直後に蹴躓くとは情けない限り。
でも、とにかくやめずに続けていきたいと思います。

そういうわけで5月の感想文(仮)予定は、
CD
 ソラノスフィア(新居昭乃)
 アルトコロニーの定理(RADWIMPS)
 KARMA(KOKIA)
 
マンガ
 看板娘はさしおさえ 4(鈴城芹)
 惑星のさみだれ 7(水上 悟志)

4月の新刊はこの辺りからピックアップして、あと積ん読になっているものも崩して感想を書きたいなと。
冗談で書いた、4月予定の”予定は未定”がまさに現実化してしまったわけですが、だから予定を減らしたわけではありませんよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平行世界(ZABADAK)

2009/04/26 23:21
CD感想文(仮)

 私が初めてZABADAKを知ったのは、高校生の頃。
古参ファンを自負していましたが、既に上野洋子さんとののれん分けを終え、吉良和彦さんのソロプロジェクトとなっていましたから、筋金入りのファンから見たらまだまだ若造でしょう。
当時はマイナーメジャー的な知名度で、特にファンタジー好きなオタさんには結構知られた存在だったような気がします。和製ファンタジーなテイストを感じさせる歌手って、昔はそんなにいなかったからかもしれませんね。
今の現役オタさんにはそれほど知られていないかもしれませんが、その楽曲にかげりなんて見られないのはいうまでもありません。
 上野さんが参加されていた頃はヨーロッパの雰囲気を強く感じさせましたが、吉良さんのソロになってからはアジアの雰囲気が強くなったような気がします。(あくまで私にとっては、ですよ)
ボーカルとして参加することが多い小峰公子さんの声に和的なものをかんじるからかもしれません。
ただ、地域が変わっても変わらないのは、曲から感じる「旅」。
このアルバムにはまんま「旅の途中」という歌もありますが、アルバム全体を通していえることだと思います。
その心地よいトリップ感。これが長年ファンを続けている大きな要因なのかもしれません。
 アルバムお気に入りの一曲は「Pulse」。
よりによってインストを選んでしまったわけですが、先ほどいった「旅テイスト」を濃厚に味わえる一曲で、時間や場所の経過まで感じ取れるような感じです。
もちろん、作り手の意図は別のところにある可能性は大ですが、まあ良いじゃないですか?


平行世界
GARGOYLE RECORDS
2009-02-15
ZABADAK

ユーザレビュー:
壮大なドラマ感すばら ...
インスト曲が良いです ...
あれー?どーなのコレ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハルモニア(志方あきこ)

2009/04/19 23:52
CD感想文(仮)

私はアルトネリコで初めて志方あきこさんのことを知ったのですが、私以外にもそういう方は多いのではないでしょうか。このアルバムは、自分も含めたそんな人たちの期待に応えるできだったと思います。もう異国情緒たっぷりで幻想的。

志方あきこさんの歌声ってどう表現したら良いんでしょう?
一言でいえば儚くて繊細な感じ。ちょっとハスキーな印象も受けます。
でも線が細いということは全くなく、激しいリズムの中でも存在感は際だっています。
引き込まれるというよりは包み込まれる感じの声であり音楽。
現実を忘れてしまいそうになります。
実はアルトネリコの1stしかアルバムを持っていない不届きものなので、今度はほかのアルバムも買ってみたいところです。

Harmonia
エイベックス・エンタテインメント
2009-03-18
志方あきこ

ユーザレビュー:
バラバラ…他の方が書 ...
買って良かったと思い ...
よりバラエティを広げ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゆゆ式(三上小又)

2009/04/12 19:16
まんが感想文(仮)

基本的な登場人物は三人娘だけ。
ゆずこ、縁がひたすらボケて、ただ一人の常識人である唯がひたすらツッコむという会話がメインの4コママンガです。
オチらしいオチもなくだらだら展開していくパターンも多いのですが、それが良いのです。
とにかくこのマンガは心地いい。
深刻なイベントはないですが、三人が三人ともお互いをすごーく大事に思っているのがヒシヒシと伝わってくるのが心地いい。
オチのない4コマの何でもない”間”が心地いい。
二人から迫られて照れまくる唯ちゃんが心地いい。
普段素っ気ないくせにものすごく気使いの細やかな唯ちゃんが心地いい。
なんだ、唯ちゃんばかりじゃないかと思われるかもしれませんが、この心地よさは本物。
早くも続きが楽しみです。

〜ほてほてが選ぶ一文(セリフ)〜
「わかる!」
(28ページ4コマ目からセリフより)
このマンガの心地よさ、自分にとって共感度が高いことも影響してそうです。
まさにこのセリフの通りなのですが、ものすごくピンポイントな表現にいちいち「あ〜!わかるっ!」て叫びたくなるんですよ。
一例を挙げてみますと、「水ってなに?」な感覚、よくわかるんですよね。
まるで気の合う友達とだらだらダベるような4コマまんが、大好きです。


ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
三上 小又

ユーザレビュー:
意外とないジャンル最 ...
かわいい女の子、あり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「AKIKO∞KOKIA〜balance〜」「KOKIA∞AKIKO〜balance〜」

2009/04/05 23:45
CD感想文(仮)

「AKIKO∞KOKIA〜balance〜」
「KOKIA∞AKIKO〜balance〜」
似たようなタイトルで同じ日に発売されたアルバム2枚。
上がインディーズ、下がメジャーレーベルから発売されてます。
こういう販売形態になった経緯は本人のブログでも参考にしていただきましょう。
(ご本人も上手く説明できないようなので、他人の私には荷が重く)

で、この2枚、聴き比べてみると、確かに違いがあるような気がします。
 「AKIKO〜」の方が、私的な内容を歌ったモノが多くて、楽曲もシンプルな感じです。だからこそ、ズッシリきますね。心地良い曲ばかりだけど、とても聞き流すことは出来ません。
そう考えるとプライベート的な、より内面的なモノだからこそインディーズ販売という形式を取ったのかもしれないですね。
より自分の手(に近いかたち)で届けたかったのかもしれないなぁ。
そんな中でもお気に入りに一曲はアルバム最後に収録されている「罪滅ぼしの歌」。
歌詞はかなり内省的でちょっと心配になるぐらいなのですが、彼女の歌うことに対するスタンスが改めて感じられて、これからも心にとどめておきたい一曲になりました。
 「KOKIA〜」の方がどちらかというと今までの路線に近いかんじです。
唯一両方のアルバムに収録されている「Infinity」のアレンジ具合にもそれが出ていて、「AKIKO」より「KOKIA」の方が広がりを付加した感じですね。
 こちらのアルバムのお気に入りの一曲は「花宴」。
昨今桜ソングは山のようにありますが、和を前面に出し、お花見をテーマにしたところが珍しいのではないでしょうか。
歌詞中では一度も"桜"の単語は出てこないのですが、初めのフレーズからもう桜の花がブワッと咲き誇るイメージが喚起されます。
そこに和楽器、弦楽器と声のハーモニー、もうたまりません。なんだかこう、日本人で良かったなぁ、と。
これ、iPODにでも入れて、夜桜をみながら散歩したらそれだけで泣けてしまいそう。

 で、どちらのアルバムが好きかといえば「KOKIA」の方なのですが、「AKIKO」の方向性もミックスされるんだろうなと思うと楽しみであります。
昨年も精力的に活動されてましたが、ブログを拝見する限り今年もその姿勢に変わりはなさそう。
今月発売のシングルも期待して待ちたいと思います。

 余談ですが、この2枚のアルバムに音質的な差はありません。
インディーズですと、予算が無いのかがっかり音質なCDもありますが、これらについてはそういうことはありません。というか、どちらも高音質といって差し支えないです。
スタッフの皆様も良い仕事をされてます。感謝感謝。


KOKIA∞AKIKO~balance~
ビクターエンタテインメント
2009-03-18
KOKIA

ユーザレビュー:
素晴らしい!コキアの ...
芸術的な音楽毎回アル ...
すこしづつKOKIA ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月感想文(仮)予定

2009/04/03 00:43
毎週放映されるアニメとかはとても感想が追いつかないので、
基本的には購入したオタネタの感想を書いていこうかと思っています。
ですが、地方在住ですので通販購入です。
しかも、毎月末にまとめて発送ですので、発売された翌月に感想を書くことになります。
もちろん発売後時間が経ったモノでも取り上げるつもりですが、
自分がその作品に触れてから間もないモノだけにすることにします。

そういうわけで4月の感想文(仮)予定は、
CD
 平行世界(zabadak)
 Everlasting Songs(Fictionjunction)
 KOKIA∞AKIKO 〜balance〜(KOKIA)
 Harmonia(志方あきこ)
 点呼する惑星(平沢進)
マンガ
 ゆゆ式
小説
 さよならピアノソナタ1〜4

このなかからピックアップして生きたいと思います。
CDのアタリ月だったのですが、音楽の感想って書きにくいんですよねぇ、と早速弱音を吐いてみたり。
まあ、予定は未定ということで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


感想について

2009/04/03 00:22
難しいことは分かりませんので、なるべく率直な感想を書いていくことが目標です。
そのうえで、自分の表現力を向上させるべく、七転八倒していきたいなと。
心がけることは二点。
その1
 個人的なブログであることは宣言したわけですが、それでも最低限のマナーとして
文章を読んだ人を不快にさせないこと。
書くまでもないことですが、とりあえず大原則として。

その2
 その作品のよいところに目を向けること。
マイナス点を指摘することは有意義なことですが、表現力の向上にはプラス点に目を向けた方が私の望む結果につながりやすいと考えます。
あと、欠点を論っちゃうようなのは、不本意ながら得意というか……。

補足1
 このブログを書くきっかけになった一つに齋藤孝さんが書いた「使える読書」という本を読んだことがあります。
それにならい、小説、マンガ等の感想には作品中から一文を引用するスタイルをとりたいと思います。
ネタばれになってしまったらごめんなさい。

補足2
 なんちゃってオーディオマニアだったりしますので、CDの感想では音質についてふれることもあります。
あくまでも"なんちゃって"マニアのいうことですので、間違っても鵜呑みにしないでくださいね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


とりあえず

2009/04/03 00:21
新年度に切り替わったのを無理矢理のきっかけに、
やろうやろうと思いながらずるずる先延ばしにしてきたブログを始めてみました。

始めた理由は、自分がつまらない人間だから。
食事をしても”割と美味しい”、本を読んでも”そこそこ面白い”とかそんな言葉しか出てきませんよ。
感動していないわけではないのだけれど……、というわけで、
せめて多少なりとも表現力を身につけるために、自分がもっとも感想をかきやすいであろう
オタネタの感想ブログを始めるに至ったわけです。
基本的に自己鍛錬の場のつもりです。
無理をしない程度に、でも継続させる意志を持って。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

感想文(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる